犬の声帯切除手術の後遺症リスク

Pocket

犬の声帯除去手術にも
後遺症のリスクはあります

犬の声帯手術の後遺症

 

手術がおわってからしばらくすると
犬がハアハアと
息苦しそうにすることがあります

このような場合
原因の多くは手術跡の炎症による
呼吸障害の後遺症です

 
 

声帯を切り取る手術した後で
組織が回復していくときに
盛り上がってしまうことがあるんです

すると気道が狭くなってしまって
ワンちゃんの呼吸が息苦しくなるんですね

酸素の供給量が減って
呼吸が苦しくなるから
獣医師からは激しい運動を止められます

 
 

人間だって、片方の鼻と口を塞いで走るのは
難しいですよね

 

そのためこのような後遺症が出た場合には
もう一度盛り上がった組織を切り取る
再手術が必要になります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ